お金を借りる方法としては大きく分けて4つ!
あなたの判断力が決め手となります!

 

いざという時にないのが時間お金・・・

 

時間は自分でやりくりして作るもの、ではお金はどうすればいいのでしょうか?

 

自分で作るということはもちろん仕事をするということ。仕事をして対価としてお金(給料)を貰うことができますね。ですが、この給料だけではやはりすべての事柄を行うにはどうしても足りなくなってきますよね。これは良い生活をしようと考えれば仕方のないことなのでしょう。

 

ではお金が足りない時にはどうすればいいのでしょうか?これはやはりお金を借りるということになってくるでしょう。

 

では次に考えるのは、お金を借りるにはどこで借りるのが良いのだろうか?ということでしょう。

 

もしかしたらパッと思い浮かぶのはやはり親かもしれないですね。ですが、親が裕福ならいいですが、もしそうでなかったら?また親とうまくいってなかったり、身内にお金を借りるなんて・・・という方ももちろんいるでしょう。やはりお金を借りるのは人には知られたくないものですからね。

 

ここではお金を借りる方法としては大きく分けて4つということで下記のような題目で皆さんにお話ししたいと思います。皆さんがどのような方法を選ぶかはもちろん皆さんの自由ですが、くれぐれも自分の許容範囲を超えるようなお金の借り入れは止めておいた方が無難ですよ。自分の給料で返せる範囲内であれば、このお金を借りるということは自分の生活を満たされるものにしてくれるはずですが、それを超えてしまうと自分の生活が不安でいっぱいのものになってしまいます。

 

大事なのは自分の身の丈にあったお金を借りる方法を選ぶこと。そうすればまったく問題ありませんからね!

お金を借りる場合の4つの方法!

 

人に知られない(バレない)でお金を借りる方法について!

人にバレてしまうのを覚悟でお金を借りる方法
(親などの身内や友達・恋人にお金を借りる)

会社など自分の許容範囲内でお金を借りる方法

違法行為(闇金・個人間借り入れ)によるお金を借りる方法

おすすめリンク